ホーム > 日記 > スプレッドで差額をねらえ!

スプレッドで差額をねらえ!

「スプレッド」とは外為取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を得る取引です。

 

売買の注文の価格は常に動いています。

これが為替市場です。

 

テレビを見ていると、通貨の情報が流れることがあります。

 

見かけるのが、「現在のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

 

要するに、取引には、買いと売りの2個の値段があるという事です。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示する取引会社もあったりします。

 

いつもは売値のほうが買値よりも安くなっています。

 

あなたが買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。

 

その差額をスプレッドといい取引会社の利益となっています。

 

スプレッドの広さは会社によって変わります。

 

スプレッドは投資家にとって負担になるので小さい取引会社を選んだほうが得です。

 

ただ、同じFX取引会社でも場合によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

 

例えば普段はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドとは言っても、為替相場の上下動が激しいケースでは3銭、4銭になったりする状況があります。

 

なので、スプレッドが小さいのと同じく、固定しているということが必要です。

 

この頃では変わらないスプレッドの幅を表示する業者もいろいろ存在しています。

 

現実にFX取引会社の取引画面の中で実際のマーケットを確認しなければ見分けられないのでわずらわしいですが、とても大切なことです。

 

多額の財産を預けて注文をしますので、本物のエントリーの前に興味がある取引会社の新しい口座開設を全てして示されているスプレッドの差を実感しましょう。

 

同じ通貨ペアでも、そのときの市場の状況によって、通貨のスプレッド幅は変化します。

 

おおむね、インターバンク相場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが狭くそれ以外のペアではスプレッド幅が広くなる事があります。

 


関連記事

  1. ダイエットのために食欲を落とす。

    食事面に関しても大いに気をつけるやり方が、体重が減るコツと言えます。 &nbsp...

  2. スプレッドで差額をねらえ!

    「スプレッド」とは外為取引は外貨を買ったり、売ったりすることによって利幅を得る取...