ホーム > 思い出 > 取引のリスク

取引のリスク

外為取引の経験の浅い方が相場の要を見つけるにはまず初めにトレードを積んでいく事が重要です。

とりわけ、直前にリスクを予期するようにするようになるには、ポカを積み重ねることも経験のひとつ。

 

損をするといっても持ち直せないほど大きなミスをする事は問題外です。

 

取り戻せるほどの負けを何度も積み重ねることが、最後に自らの経験値を高めてくれるはずだ。

http://roslbmym.anime-movie.net/

それを考えると、最初は小さな額でエントリーして、これによって何度か小さめのミスをすることを推奨します。

 

例として、100万円だけしか投資資金がない状況で考えなしで少しも残さないでつぎ込んでエントリーするとマイナスになった時永久に立ち直れなくなってしまう怖さがあります。

 

そのため、資金の1割ずつ小分けして売り買いしてそれで売買を積んだ方が、着実に失敗を減らす方策なども身についていくはずである。

 

まずはじめに少ない額で売買する事の利点は先ほど書いたように、経験値を高め、マイナスを制御する手法を身につけることにあるが一緒に、売買の回数を多くする事で、リスクを少なくできるという利点もあります。

 

一例として、1度限りのトレードで勝率が5割だと考えます。

 

この条件では、同じ条件で損する危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは半分の可能性で儲けられる事を示しています。

 

だが、全ての資金を使って1回だけの取引をするということは勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

それは1回だけの丁半バクチと同じ。

 

要するに、全てを投じて1度しか勝負しないとこれだけでは損失が生じる比率が高くなります。

 

だから、資金を1回にすべて使うのではなく何度かに分けて投資回数を重ねる事がリスク回避となります。

 

そして何度かに分けたとしても全てのエントリーで勝つ事は重要ではありません。

 

むしろ、全部は勝てないのが実際のところです。

 

取引で必要なのは、勝利回数ではなく、いかに利益を上げるかです。

 

勝率5割でも勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。

 

それ以上負けてもその収益が小さければ少ない勝利のプラスの大きさだけで上手に利益を上げられます。

 

そのために重要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を肝に銘じる事です。

 

マイナスになったら直ちに損失を確定して勝てる時は上手く利益を上げることがFXをはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で勝利するための神髄です。