ホーム > 注目 > 買いと売り

買いと売り

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を取引して利幅を狙う商品です。

価格は上下しています。

それが為替市場です。

 

インターネットを見ていると、ドルやユーロの為替の情報が流れる場合があります。

よく見るのが「ドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表示しています。

 

別の表現をするとトレードには買いと売りの両方の値が存在します。

 

売値、買値の事を別の言い方で示している取引会社もあったりします。

普通は売値が買値よりも安く設定されています。

投資家が買値は高く、売値は安くなるはずです。

 

その差額をスプレッドといい、FX業者の稼ぎのひとつといわれています。

 

スプレッドの幅はFX取引会社によって違います。

スプレッドは利用者にとって手数料になるので、小さい業者をセレクトしたほうが得です。

 

ただし、状況によってスプレッドは広くなったり狭くなったりします。

 

もしも日常的には円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッド幅とは言ってもレートの上げ下げが大きいときには1銭よりも大きくなります。

 

なので、スプレッドが小さいのと合わせて、安定している事が必要です。

 

近頃では固定でスプレッドの幅を示すFX会社もいくつも存在しています。

実際にFX会社の取引画面で本当の市場をチェックしなければわからないので面倒ですが、必要不可欠な事です。

 

多額のお金を投入して取引をするのですから、売買の前に魅力的に思えた会社の新規取引口座開設をして、スプレッドの狭さを確かめましょう。

 

同じ通貨でも、そのタイミングのマーケットの状況によって、スプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

おおむね、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドが小さくあとの通貨ではスプレッド幅が広がるのが一般的です。

 


関連記事

  1. セカンドハウスにハウスクリーニングという奥の手

    バブルの頃に建設ラッシュだったマンションが今は破格の値段で買えるそうですよ。セカ...

  2. 買いと売り

    「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を取引して利幅を狙う商品です。 価格は上...

  3. JCBのEITカードをもっと有効に活用しよう

    クレジットカードは持っているだけでは意味がありません。有効活用することが大切です...